2006
東京都
2006年(第12回)以降の参加年

1997年井尻慶太のピアノに合わせ、こんやしょうたろうが歌ってみたら、初めてなのに息がぴったり。そのまま次の日から「アルケミスト」として音楽の旅がはじまる。アルケミストは現在もなお、“歌の錬金術”を求めて旅をしている。