岡山県
2006年(第12回)以降の参加年

備中神楽は1979年「国の重要無形民俗文化財」に指定された、岡山県備中地区の農村で演じられる神楽で原始的な信仰です。民俗芸能として伝承されており長い年月の間に「神の信仰心」が(芸能)と融合して、現在は秋祭りなどの欠かせない郷土芸能になっています。