ハワイに未来の夢を植えてみませんか?ハワイ島で『コアの森』を再生!

■ コアの木とは?

コアの木は古代より、ハワイの人々の生活・文化の一部として重要な役割を占めてきました。
美しく硬質で、様々な用途に加工できるコアの木は、槍やこん棒、壷やサーフボード、カヌーとしてとてもたいへん重宝されていました。
コアの木は、とても神聖な意味を持っています。様々な身近な自然に神を見出し、共に生きてきたハワイの先住民たちは、健全な自然生態を守るため、雨の分岐点となる森林高地に生えるコアの木を「神の宿る木」として重要視していました。

eco_3

■ コアの木が環境と地球にもたらす効果

25days
Hawaii Legacy Hardwood社(HLH)によると、1978年~2012年にかけての世界産業指標の話として、

- 25日ごとに、ハワイ島の大きさ程の森林地がなくなっている。
- 熱帯広葉樹の需要は4年ごとに2倍になっている。
- 現在、再植されているのは広葉樹需要のたった2%以下。

と、森林環境において危機感を感じざるを得ない状況を伝えています。

koa
According to United Nations report, all unpreserved tropical forest will be gone by 2023.

あわせてハワイの産業指標では、

・コアの木は世界で最も価値のあるハワイ固有の木であり、地球上の他の場所では育たない。
・ここ10年だけでも価値は1,000倍に増加。
・コアの木の森は、たった10%しか残っていない。

と報告されています。

現在、Hawaii Legacy Hardwood社は、元々カメハメハ大王(王族)の所有地(牧場)で全て雨水を使用した自然の森林再建を進めています。こちらのコアの木は非常に成長が早く約4年で森林と呼べるような規模まで成長します。そして、ハワイの地特有の鳥や昆虫が生息し始め、独自の環境が生まれていきます。

数値的観点で表すと、1本のコアの木の生涯で、$31,250分の酸素を作り出し、$62,000分の大気汚染対策ができ、$37,500分の水を再生し、$31,250分の土壌侵食を防ぎます。

1本のコアの木は家族4人が1週間ハワイで休暇を過ごす際に排出される炭素とほぼ同じ量の炭素を吸収してくれ、2本で家族4人が1年間必要な酸素を作り出すことが出来るのです。

koa_icon

■ コアの木を植えよう!

コアの木は植樹1本($60)から何本でも寄付が可能です。植樹後、記念証が発行されます。
※オンラインからのお申込みとなります。

植樹から記念証受領までの流れ

process

Hawaiian Legacy Hardwood社を通じて植えられたコアの木は、Hawaiian Legacy Hardwood社が生育を管理します。寄付となるため、自身で伐採して利用することはできません。

 

コアの木の管理・運営を行うのはHawaiian Legacy Hardwood社(HLH)となります。ここから先、HLH社のウェブサイトへ移動し、HLH社の一般利用規約および個人情報保護法に目を通しお申込みください。

coa_6

植樹記念証(イメージ)植樹された場所が記載されます。
(左:Hawaiian Legacy Hardwood社 エグゼクティブディレクター ジェフ・ダンスター氏、
右:ホノルル フェスティバル財団理事長 治福司社長)

植樹記念証には、自分の名前だけでなく、大切な人の名前を記載(日英可)する事が可能です。特別な記念日に、また私たちの心を癒してくれるハワイに感謝をこめて、将来へ役立てることができる寄付です。

「ハワイにありがとう」

Protect Hawaii
「ハワイを守りたい」

Stand up for Hawaii
「ハワイの為に何かをしよう」

From thinking to being
「あなたの思いを形に」

コアの木の管理・運営を行うのはHawaiian Legacy Hardwood社(HLH)となります。ここから先、HLH社のウェブサイトへ移動し、HLH社の一般利用規約および個人情報保護法に目を通しお申込みください。

eco_10

左:植樹1年後のコアの森、右:植樹3年後のコアの木

■ 関連する取組み及び団体