新型コロナウイルスに関する情報を随時更新中!詳細は下記「ニュース」から
参加ジャンル : 音楽/演奏
参加年 : 2016年(第22回)
地域 : -
キーワード : -
ハワイ

クプナ・アイランダーズ

音楽/演奏

クプナ・アイランダーズは、ハワイ・シニア・ライフ協会によって運営されている、ウクレレのクラブです。グループは、地元の人たちで構成され、日本からの参加者もいます。講師のジョディー・カミサト先生は2008年からこのシニアグループを指導しています。グループは、週に一度、ワイキキに集まり、ハワイアンソングやウクレレの演奏テクニックを楽しく学んでいます。

ハワイ

ハワイ雅楽研究会

音楽/演奏

ハワイ雅楽研究会は、社本正登司師と彼の教え子たちによって1968年にハワイにて設立されました。地域に密着したグループで、ハワイ大学にて毎週練習を行っています。各寺社や在日本領事館での式典、アラワイ運河の灯篭流しフェスティバル、並びにハワイ大学でのお月見コンサートなど、数々のイベントにて演奏を行っています。

埼玉県

Pinkish

音楽/演奏

私たちは、埼玉県加須市出身のアイドルユニット”Pinkish”です。現代ポップスと童謡の融合した「ハイブリッド童謡アイドル」として、独自の音楽性の確立を目指し、他に類を見ない活動を全国に展開中です!

ハワイ

ダンス・ジャンクション・ハワイ

音楽/演奏

ダンス・ジャンクション・ハワイは、受賞歴のある7〜16歳のダンサーたちが所属するホノルルのダンススタジオです。ジャズ、リリカル、コンテンポラリー、ポン、ファンクなどのダンスを披露します。

ハワイ

琉球国祭り太鼓 ハワイ支部

音楽/演奏

琉球国祭り太鼓は1982年に沖縄で結成されました。沖縄の伝統的なエイサーと空手を現代的な音楽に合わせてアレンジし、斬新でユニークな太鼓パフォーマンスを創り出しました。本部は沖縄にあり、時代と共に飛躍的に成長し、今では世界中に支部を抱えています。ハワイ支部はアケミ・マーティン先生により設立され、現在、オアフ島、カウアイ島、マウイ島とハワイ島に支部があります。 詳細については、www.rmdhawaii.orgをご覧ください。

ハワイ

ホーリーファミリー カトリックアカデミー マーチング バンド アンドフラ

音楽/演奏

セバスチャン・チャコ神父とクリスティーナ・マリンズ校長の管理責任のもとに、この共学のキリスト教学校は保育園から中学生までの生徒を受け入れております。ホーリーファミリーマーチングバンドとハワイアンミュージックダンスアンサンブルは、ハワイ州では伝統的のある、最も若いマーチングバンドと言われています。才能溢れるこのグループはディズニーランド、サンフランシスコ、ラスベガス、ワシントンDCで演奏しました。今回のメンバーは、この春、フロリダのディズニーワールドで演奏を楽しみました。彼らはホノルル フェスティバルで、再び演奏を披露できるのを大変嬉しく思っています。

ハワイ

サウンズ・オブ・アロハ・ バーバーショップコーラス

音楽/演奏

サウンズ・オブ・アロハ・バーバーショップコーラスは、4パートからなるアカペラで半世紀以上もハワイの人々を楽しませてきました。私たちのレパートリーはバーバーショップスタンダード、ブロードウェイヒッツ、ジャズ、ポップス、ハワイアン、パトリオティック、ハパハオレ・フェイバリッツ等様々です。コーラスは様々な年齢の様々な職業を持つ者でなっております。ご興味がある方は是非ご参加ください。

ハワイ

フォー・ユー・ウクレレ・カルテット

音楽/演奏

4Uは15歳から18歳のメンバーで、ホノルルでの様々なコンテストでそれぞれウクレレチャンピオンになった4人組です。メンバーの名前はタイガ・ベニート、ライアン・ナカガワ、ギブン、チャンス・ヤギです。この1年半、オアフ島の様々な音楽イベントで演奏してきました。

ハワイ

オアフ・インタートライバル・カウンシル

音楽/演奏

オアフ・インタートライバル・カウンシルは、カメ島(北アメリカのことをアメリカインディアンはこう呼びます)の様々な場所から、種族間のアメリカインディアンの歌手が集まってできた“ドラム演奏”のグループです。ドラム演奏と歌の伝統は、古代の土地の構造にまで織り込まれ、歌とダンスを通して表現されます。ドラムの音は、我々が集会をする際、中心に位置し、母なる地球の心拍を表しています。〝ドラム”とダンスを皆さんと一緒にできることを光栄に思います。

メキシコ

レオネス・ティグレス・マーチングバンド&バレー

音楽/演奏

レオネス・ティグレス・マーチングバンド&バレエは、1999年に創立され、現在はルーイ・マニュエル・サンチェス・エレーラの指導の下にあります。ほとんど毎日のように余暇を惜しんで練習する150人の非常に熱心なミュージシャンたちで、メキシコ・ベラクルーズ・タクスパンにある高校“エスクエラ・ジェネラルNO.1・エミリアノ・サパタ”の生徒及び同窓生たちです。 学校の総長は、ビクター・マニュエル・ルイス・エスコべド教授です。メキシコから初のホノルル フェスティバルのグランドパレードに参加するマーチングバンドであることを、とても喜んでいます。 彼らはメキシコの伝統衣装を着て、メキシコで最も人気のある曲を演奏します。ベラクルーズ・メキシコの“バレエ・グラン・アンサンブル・メキシコ”の民俗ダンサーも参加します。 演奏曲目はメキシコの文化と人々の価値観を保存しようとしているメキシコを代表するリズムとダンスを含んだものです。