第26回 開催日は2020年 3月6日から8日です!

アーカイブ:2018年

ニュース

2019年ホノルルフェスティバルのメールマガジンを配信します!

第25回のホノルル フェスティバルに向けて「ホノルル フェスティバル メールマガジン」を配信します。 本メールマガジンは、第25回の開催に向けて、最新のイベント情報を発信していくものです。発行は月1回を予定しています。ホノルル フェスティバルをより一層楽しむことができる内容をお伝えしますので、メールマガジンへ是非ご登録ください。 (日本語版)ホノルル フェスティバル メールマガジンのご購読はこちら https://www.honolulufestival.com/maga/?p=subscribe&id=2 (英語版)ホノルル フェスティバル メールマガジンのご購読はこちら https://www.honolulufestival.com/maga/?p=subscribe&id=1

ニュース

参加応募フォーム(英語版)をオープンしました!

あなたもホノルルフェスティバルの一員になりませんか? 下記より英語での応募を受け付けています。日本語でのお問い合わせはこちら>> ■パフォーマンス(ステージ/パレード) ステージ メイン会場となるハワイ・コンベンション・センターやアラモアナセンターなどホノルル各所にパフォーマンスステージを設置。時に観客がステージにあがり、また出演者がステージからおりて観客と一緒に踊るなどの交流もあります。   グランドパレード ワイキキの真ん中に位置するカラカウア通りを封鎖しハワイ最大級のパレードを展開。約3時間にわたって様々なパフォーマンスが繰り広げられます。ホノルルフェスティバルの締めくくりとも言えるこのパレードではイベント最大の盛り上がりを見せます。 ステージ、パレードの参加を希望される方は下記よりお問い合わせください。 ≫英語版応募フォームへ ≫日本語版お問い合わせフォームへ   ■ブース 展示・実演・クラフトフェアはハワイ・コンベンション・センターで開催されます。 例年、100を超えるブースが設置され、アートや文化の発信や言葉を超えた文化交流が行われています。 ブースの参加を希望される方は下記よりお問い合わせください。 ≫英語版応募フォームへ ≫日本語版お問い合わせフォームへ みなさまのご応募をお待ちしております。 関連記事:ホノルル・フェスティバルに参加したくなる3つのだから

トピックス

ホノルルフェステバルは第4回ジャパン・ツーリズム・アワードにて優秀賞を受賞しました。

ジャパン・ツーリズム・アワードはツーリズムの発展・拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与、または国内・海外の団体・組織・企業の持続可能で優れた取り組みを表彰するもので、受賞取り組みを広く社会に知らしめることで、ツーリズムへの理解を進めると同時に、モデルとしてさらなるツーリズムの発展に寄与することを目的とたアワードです。 2018年8月、ホノルルフェスティバルは大賞に続く、優秀賞を授賞しました。授賞のポイントは、日本とハワイの交流の象徴的イベントとしておよそ四半世紀にわたり継続的に実施されている事と、プログラムが常に進化を遂げ、企業の営業の枠を超え、地域社会に完全に定着したことを評価していただきました。

ニュース

ホノルルフェスティバル ご支援のお願い

あなたもホノルル フェスティバルのサポーターに!長岡花火VIP鑑賞席へのご招待 25周年の感謝(アロハ)の心を込めて、ホノフェス初!長岡花火が25分に延長! 長岡花火VIP鑑賞会場で一緒に盛り上がろう! 詳細はこちらから>>

ニュース

DMO国際フォーラム in ハワイ

いま日本では国が観光立国を掲げるなか、地域における観光振興のかじ取り役とされ地方創生の重要施策のひとつとして「日本版DMO(Destination Management / Marketing Organization)」の形成・確立が急がれています。 このたびDMO先進地として知られるハワイにおいて、先進的な取り組み発表や情報交換を行うことで持続可能なツーリズムの活性化を目的としてDMO国際フォーラムを開催することになりました。 *本フォーラムに関するお問い合わせはこちらから>> ※画像はクリックで拡大します   DMO国際フォーラムアーカイブレポートはコチラから>>ご覧いただけます。   プレゼンテーション資料はこちらからダウンロードいただけます。 ・ハワイ州観光局 局次長 ミツエ・ヴァーレイ氏>> ・JTB協定旅館ホテル連盟 会長 大西 雅之氏>> ・Kyo-ya Company.Ltd 上級副会長 永井 信忠氏>> ・Kualoa Ranch社長 ジョン・モーガン氏>> ・JTB総合研究所 主席研究員 山下 真輝氏>>   当日の様子はコチラからご覧ください(約30秒の動画になります)    

ニュース

第25回ホノルル フェスティバルのサブテーマが決定しました!

来年、2019年3月8日~10日に開催される第25回ホノルル フェスティバルのサブテーマは『25年に亘るアロハの心、温故創新 』です。 第25回ホノルル フェスティバルへの皆様のご参加を、心よりお待ちしています。

トピックス

「第24回ホノルル フェスティバル」の動画をアップしました!

第24回ホノルルフェスティバルの動画が完成しました。 今回もホノルル内外の方々から、素晴らしい評価を頂きました。ホノルルフェスティバル財団は、「交流文化」、「教育」、そして「環境」の3つのテーマを軸に運営にあたっています。 来る2019年第25回のホノルルフェスティバルも、盛りだくさんの企画で準備を進めています。 皆様のお越しを心からお待ちしています。 Youtubeの映像はこちらをクリック>>

レポート

第24回ホノルル フェスティバル ハイライト・レポート全6編公開!

第24回フェスティバルのハイライト全6編を公開致しました!下記リンクより各記事をご覧ください。 思い出のハイライトを押さえて第24回が丸わかり! エデュケーショナル・スクール・ツアー 2018 オハナアワード 2018 フレンドシップ・パーティー 2018 日本人ハワイ移民150周年記念イベント グランドパレード 2018 長岡花火 2018

注目情報

ヒロ高校の生徒、教員5名を日本へ派遣

ホノルル フェスティバル財団では、毎年ハワイの高校生を日本に派遣する教育プログラムを行っています。2018年はプレゼンテーション選考の結果、ヒロ高校の生徒4名と教員1名を2018年2月15日~19日の5日間で日本の新潟県・長岡市に派遣いたしました。 日本での滞在中は地元の学生との交流やホームステイ、雪しか祭りへの参加を通じ、身をもって文化交流を経験。さらに雪あそびやラジオ番組出演といった初めての体験をしたり、山本五十六記念館や戦争資料博物館の見学を通じて平和への理解を深めるなど、中身のぎっしり詰まった研修を過ごしていただきました。 参加したヒロ高校のメンバーからは「長岡の皆様の心の良さに触れ、世界平和を祈る街の思いに触れ、長岡の生徒さんと一緒に、個人としてどのように世界平和に貢献できるかを考える良い機会となりました」とのメッセージも。 ハワイの高校生を教育研修として日本に派遣する事業は、2012年のホノルル市と長岡市の姉妹都市提携を機に2013年にスタートしました。ホノルル フェスティバル財団とハワイ州Department of Educationが連携して毎年参加校を募集し、プレゼンテーション選考により代表校を決定します。これまでイオラニ高校、キング・ケカウリケ高校、カラニ高校、マウイ高校、カイザー高校の生徒たちを日本へと派遣してきました。ホノルルフェスティバル財団では今後もハワイの教育に貢献する活動を行ってまいります。 地元中学生との交流 長岡花火   長岡市からの歓迎ディスプレイ 地元ラジオ出演 姉妹都市交流イベントの参加

注目情報

ステージパフォーマンス スケジュールを公開しました!

3/10(土)・11(日)の2日間、アラモアナ・センターとワイキキ・ビーチ・ウォーク、そしてハワイ・コンベンション・センターでのステージパフォーマンスのスケジュールを公開しました! 詳しくはこちらから>>> ※すべてのイベントスケジュールは予告なく変更となる場合があります。