第26回 開催日は2020年 3月6日から8日です!

アーカイブ 2005年(第11回)

日にち : 3月11日(金), 3月12日(土), 3月13日(日)
サブテーマ : A Journey Across the Pacific -太平洋のかけはし -

※画像の無断使用はご遠慮ください。二次使用依頼については財団へお問合せください。

主な参加団体

wamiles 踊り子隊美翔女、玄龍会”弘前ねぷた”、青森ねぶた駿生会、うつくしまよさこい踊り隊、さいたま竜神まつり、川口たたら流し踊り、江戸芸かっぽれ喜楽会、琴雅、侍 前田利家ONDO・舞人、日本民謡童由、よさこいにっぽん須賀連 など

スペシャル

TVコマーシャル2005

2005年(第11回)

[TV コマーシャル]

スペシャル

第11回ホノルル・フェスティバルアルバム

2005年(第11回)

     

教育・交流プログラム

マウイ御輿コンテスト2005

2005年(第11回)

日本ではさまざまな特徴ある御輿が地域毎にあります。第11回ホノルル・フェスティバルのハイライトのひとつ「マウイ御輿コンテスト」は、マウイ島の高校生達を対象にしたもので、2005年はラハイナルナ高校が全体で優勝しました。 選ばれたラハイナルナ高校の生徒達は、ホノルル・フェスティバルが開催される週末ホノルルを訪れ、最終日のグランド・パレードに参加し、優勝した御輿を披露します。さらに御輿はその週、ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾートのロビーに展示されます。 2005年3月10日 パレードの役員、マコト・イマナカさんとロベルタ・カネシロさんが御輿の仕上げを行っています。 デザインはラハイナ高校の生徒達によるデザインで黄金の提灯とタイマツが特徴的です。 2005年3月5日 ラハイナ高校のメイン・カラーの赤色を 主に使ったデザインで、装飾には金色を使っています。 形は伝統的な日本の御輿のイメージを残しています。日本の各所の御輿の象徴としてこの御輿をデザインしたので、日本の伝統的な御輿の形を残すことを重要視しています。その上で、デザインしたユニークな装飾品で一目でマウイの御輿であると分かるようにしました。 ラハイナ高校の生徒達がデザインした「平和の御輿」がホノルル・フェスティバル パレード・ディレクターのネルソン・フジオさんとパレード役員 ダイアン・フジオさんによって組み上げられている様子。 御輿のデザインは西マウイ山脈、平和、ラハイナルナ高校のタイマツをモチーフにしています。

スペシャル

TVコマーシャル 2006

2005年(第11回)

[TVコマーシャル]