第25回 開催日は2019年 3月8日から10日です!

アーカイブ 2009年(第15回)

日にち : 3月13日(金), 3月14日(土), 3月15日(日)
サブテーマ : Heart of the Pacific, Creating Our Future 「異文化をはぐくむアロハの心を未来へ」

主な参加団体
ホノルル大蛇山、ちびっこ大蛇山、さいたま竜神まつり会、須賀連、殿様連、日本体育大学応援団チアリーダー部VORTEX、おばまガールズ&おばまボーイズ、日本スポーツ吹矢協会、園田学園高等学校、IBARAKI CITYダンスドリルチーム WORLD WINGS、アラスカネイティブヘリテージセンター、ヘンプフィールド スパルタン マーチング バンド、モンテソーリ・デ・カガヤン など

2009_re4 教育プログラム

教育プログラム(エデュケーショナル・スクール・ツアー)

2009年(第15回)

ハワイコンベンションセンターの前に次々と黄色いスクールバスが到着。 開場と共に先生たちに引率され、小、中、高校、養護学校の全12校、生徒達全971人が次々と入場。

2009_re2 スペシャル

親善の夕べ

2009年(第15回)

2009年3月15日(土)の夕方、昼間に様々なパフォーマンスが繰り広げられたお祭り広場が、「親善の夕べ」のパーティー会場へと早変わり。

The students were excited to carry a Mikoshi for the first time. Great memories were made at the Grand Parade! 教育プログラム

教育プログラム(マウイ御輿コンテスト)

2009年(第15回)

ホノルル・フェスティバルでは、2009年3月14日(土)にハワイ・コンベンションセン ターにて、マウイ御輿除幕式が行われました。

school_03 教育プログラム

教育プログラム(エデュケーショナル・スクール・ツアー)2009

2009年(第15回)

ハワイコンベンションセンターの前に次々と黄色いスクールバスが到着。 開場と共に先生たちに引率され、小、中、高校、養護学校の全12校、生徒達全971人が次々と入場。 会場内に設置された参加グループのブースを順番に訪れ、パフォーマンス、レクチャーが行われました。 各ブースで生徒達は目を輝かせてパフォーマンスに見入り、レクチャーの際には次々と質問が飛び交っていました。参加校の中には、普段の授業で他文化を学ぶ科目や外国語の科目を取り入れている学校もあるせいか、子供たちが積極的に文化交流をする様子が伺えました。ホノルル大蛇山会長のヤスコウチ・リチャード氏が鬼について説明をしている際も低学年の生徒から、鬼には良い鬼と悪い鬼がいるのですか?との質問が飛び、微笑ましく和やかな質疑応答があちこちで見られました。子供たちは「グランド・パレードで大蛇山が花火を出している様子を早く見てみたい」といった待ち通しそうな表情でした。 [ 詳しいレポートを見る ]

2009_re7 スペシャル

縁日コーナー

2009年(第15回)

去年に引き続き、今年のホノルル・フェスティバルの中で最も子供たちに人気が高かったのは縁日でした。

Etegami booth. Children and adults eagerly created their own Etegami. クラフトフェア

クラフトフェア

2009年(第15回)

3月14日、15日と2日間に渡り行われたクラフトフェアでは、ハワイや日本からの多くの種類の伝統工芸品のブースが並びました。

2009_re3 パレード

グランド・パレード

2009年(第15回)

3月15日(日)、今年もホノルル・フェスティバルを締めくくるグランドパレードが、100組以上ものグループの参加でカラカウア通りにて盛大に行われました。

mikoshi1 教育プログラム

第6回マウイ御輿デザインコンテスト -優勝高校 ボールドウイン高校-

2009年(第15回)

今年のマウイ御輿デザインコンテストでの優勝者はサトウ・ロリー先生率いるボールドウイン高校チームに決定いたしました。6年前にも一度優勝しているボールドウイン・ハイスクールチームは、今回で2度目の優勝という快挙です。

ホノルル・フェスティバルの社会奉仕活動として2004年に始まったのが、マウイ御輿コンテストの始まりでした。フェスティバルの活動をオアフ島以外の島に拡大し、マウイ島の若い人たちに日本の文化に触れられるような機会をあたえるというアイディアが、このイベントのきっかけとなりました。

Daidengaku was a collaboration of dancers from Japan and Hawaii. Hawaii Convention Center Festival Stage was packed for this performance. ステージ

パフォーマンス・ステージ

2009年(第15回)

ホノルル・フェスティバルで最も大きなステージとなるハワイ・コンベンションセンターのお祭り広場のステージでは、ハワイアンミュージックやフラから、お琴や太鼓など日本的なものまで、異なる文化のパフォーマンスが見られました。

スペシャル

第15回(2009)ハイライト

2009年(第15回)

スケジュールは予告なく変更される場合があります。ご了承下さい。 大田楽「大田楽」は西暦1000年~1600年くらいの間、日本中で大流行し今は滅びてしまった芸能を再現した作品で、豊かな実りを神に祈って花で飾られた笠や鮮やかな五色の衣装をまとい、笛と太鼓で華やかに踊ります。 このステージには、地元ホノルルの市民が25名参加しております。 日本のメロディーとリズムもお楽しみ下さい。 ハワイ・コンベンション・センター (お祭り広場ステージ)2009/3/14(土)14:30-15:00グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 天守物語「天守物語」は朗読している物語が、目の前で実際に動き出すというイメージの世界です。 日本の城の最上階である「天守閣」には、非業の死を遂げた後、妖怪となって棲み付いた富姫とその侍女たちがいます。突然現れた人間の若い武士の純粋な心に惹かれ、二人は恋におちますが、大きな運命が二人に訪れます。 日本を代表する女優松坂慶子さんがライフワークとしてとりくむ「天守物語」がこうした作品に生まれ変わって、海外初公演です。  ハワイ・コンベンション・センター (お祭り広場ステージ)2009/3/14(土)14:00-14:30 日本の福井県小浜(おばま)市にあるフラ教室に通う10~80代の生徒達で結成されています。私たちの住む小浜市は、アメリカ合衆国大統領に就任された「バラク・オバマ氏(小浜市)」と名前を共有しています。 同氏はハワイ出身ということで、その伝統文化のフラで、平和を願い『おばまガールズ』が誕生しました。 未熟な私たちが大統領のふるさとで踊れることを大変光栄に思っています。 アラモアナ・センター 2009/3/14 (土)11:45-12:10ワイキキ・ショッピング・プラザ2009/3/15 (日)14:05-14:30グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15 (日)16:30-20:00 大人気、ドラえもんがホノルル・フェスティバルにやってきます! ドラえもんの映画上映会がハワイ・コンベンション・センターで行われます。 本物のドラえもんと一緒に記念撮影もできます。 (無料)お楽しみに! ハワイ・コンベンション・センター ドラえもん映画上映会 フィリピン北部のカガヤンの首都ツグエガラオ市からモンテソーリ・デ・カガヤンが初めてホノルル・フェスティバルにやってきます。小学生がフォークダンスを踊ります。彼らのカラフルな衣装はハワイ、ローカルのフィリピンコミュニティーのひきつけるでしょう。 ワイキキ・ショッピング・プラザ2009/3/14 (土)10:00-10:30  ハワイ・コンベンション・センター (ふれあいステージ)2009/3/15 (日)11:10-10:40 グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 アラスカネイティブヘリテージセンターには若い人々にアラスカの伝統舞踊を分かち合い、学んでもらい、アラスカの伝統文化を引き継いでいく活動をしています。アメリカ全土でパフォーマンスを行っています。アラスカ先住民伝統舞グループは2001年にアラスカ先住民高校のアフタープログラムとして始まりました。このプログラムは2008年に大統領賞を受賞しました。グループのメンバーはとてもひたむきで熱心なアラスカの先住民族です。ダンサーは伝統的な式服に身をまとい、伝統的な民族の伝説や生活を伝える舞踊を披露します。 ハワイ・コンベンション・センター (ふれあいステージ)2009/3/14 (土)15:00-15:30  ハワイ・コンベンション・センター (ふれあいステージ)2009/3/15(日)13:40-14:10 グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 第15回ホノルル・フェスティバルで新しくできた、アニメコーナー。メイドカフェ、漫画・ライブラリー、漫画アーティストのワークショップなど盛りだくさんです。ハワイのKawaiikonの仲間がやってきます。コスプレ衣装でお待ちしています。昨年盛り上がりを見せた秋葉系の桃井ハルコさんもパフォーマンスステージで登場する予定です。 ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14(土) 10:00-17:002009/3/15(日) 10:00-15:00 迫力満点のホノルル大蛇山が福岡県大牟田市からちびっこ大蛇山を連れてパレードに帰ってきました。大蛇の噴出す花火がワイキキの夜空を照らし出します。 ホノルル大蛇山のエネルギーとエキサイトメントに満ち溢れる必見のパフォーマンスです。 最終日のパレードのトリうを飾ります。[ 詳細 ] グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 日本の四国徳島県が誇る、阿波踊りを披露いたします。殿様連は数ある有名連のなかでも技量練達した有名連です。 男踊りは豪快なあばれ踊り、女性はしとやかに流れるような踊りが特徴です。阿波踊りを後世に残していく為に一生懸命、楽しく踊るグループで、郷土徳島の為、世界平和の為に頑張っています。鳴り物と踊りが一体となって楽しく踊る「阿波踊り」を存分に楽しんで下さい。 [ 詳細 ] ハワイ・コンベンション・センター(お祭り広場ステージ)2009/3/15 (日)10:35-10:55 ワイキキ・ビーチ・ウォーク2009/3/15 (日)13:50-14:10 グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 「よさこい」とは今から56年前に土佐の高知で生まれた、若干の決まりを守れば、衣装も山車も踊りも曲も自由にアレンジできるという自由の国「土佐」らしいお祭です。 「須賀連」は「いい世さ来い」と願う心から、「よさこい」の持つ数少ないルールをも飛び越え、ただ人々と感動のエネルギーを分かち合うことを目的とした踊り <IZANAI踊り>として世界中の人々を魅了しております。  [ 詳細 ] ハワイ・コンベンション・センター(お祭り広場ステージ)2009/3/14 (土)13:45-13:55 ワイキキ・ショッピング・プラザ2009/3/14 (土)11:10-11:20グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 タヒチ・ヌイ・インターナショナルはタヒチとして知られる、フランスのポリネシアンの文化、アート、クラフトを守り、世代につなげていく活動を行う団体です。彼ら、彼女のエキゾチックなダンスをお楽しみください。 ハワイ・コンベンション・センター(お祭り広場ステージ)2009/3/14 (土)11:10-11:40 ディセンダンスは5年連続の参加です。このオーストラリア原住民のグループは観客に大変人気があり、15カ国以上でパフォーマンスをするなど世界的に有名です。ディセンダンスは伝統的また近代的な質の高い原住民文化と音楽をオーストラリアそして世界に披露してきました。エキサイティングで力強い、そしてほんのりコミカルな彼らのパフォーマンスをホノルル・フェスティバルで再び見ることを楽しみにしていてください。[ 詳細 ] ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14 (土)11:50-12:202009/3/15 (日)13:05-13:35グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り)  2009/3/15(日)16:30-20:00 最新でホットな、有名なハワイのバンド、マノアDNAはD=ダッド(父)ロイド・カワカミ、そして彼のふたりの息子NickとAlexで構成されている「家族バンド」です。マノアDNAは日本におけるハワイの広報基地ハワイ州観光局の2008年「So Much More Hawaii」キャンペーンのTVコマーシャルソング「Discover Aloha with me」を歌っています。[ 詳細 ] ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14 (土)12:00-12:302009/3/15 (日)11:55-12:25 ホノルル・フェスティバルの教育プログラムとして、マウイ島の高校生を対象 に開催されている 「マウイ御輿デザイン・コンテスト」、今年の優勝校はボールドウィン高校に決定しました。ボールドウィン高校は今年で2度目の優勝になります。(最後に優勝したのは2006年。) [ 詳細 ] ハワイ・コンベンション・センター マウイ御輿除幕式 2009/3/14(土) 15:30 - グランドパレード(ワイキキ/カラカウア通り) 2009/3/15(日)16:30-20:00 第14回で大人気だった縁日コーナーがボリュームを増して帰ってきます。縁日とは日本人が特定の神仏との繋がりをお祀りする日のことを指します。新登場の竹とんぼ実演、金魚すくい、ヨーヨー釣り、綿菓子、浴衣着付けと記念撮影、などが体験できます。また占いコーナーも開かれます。 [ 詳細 ][ 2008年のレポート ] ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14(土) 10:00-17:002009/3/15(日) 10:00-15:00 第14回に引き続きオアフ在住の著名なキルト作家セラオ氏が主宰するポアカラニ&Co.,に焦点をあてます。ハワイ・コンベンション・センターにてポアカラニ&Co.,の生徒たちが作成したキルトの展示会を行います。キルトのデモンストレーションやワークショップもプログラムの一環として行われます。 [ 詳細 ][ 2008年のレポート ] ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14(土) 10:00-17:002009/3/15(日) 10:00-15:00 ハワイから、そして日本から100店以上のクラフトブースが出展します。日本の文化、折り紙や生け花などを展示で紹介し、それらを実際に体験していただくこともできます。 [ 詳細 ][ 2008年のレポート ] ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14(土) 10:00-17:002009/3/15(日) 10:00-15:00 毎年、ホノルル・フェスティバルで一番の盛り上がりをみせる「親善の夕べ」。ハワイの有名レストランの食事が一度に何種類も堪能でき、さらに、ステージでは代表参加団体のパフォーマンスが披露されてます。めったにない機会にぜひお越しください。[ 詳 細 ][ 2008年のレポート ] ハワイ・コンベンション・センター2009/3/14(土) 19:00-21:00チケット:85ドル (35ドルは課税控除となります。)

特集記事

daijya_bn スペシャル

「おおむた大蛇山 x ホノルル大蛇山」対談 !

2009年(第15回)

おおむた大蛇山「ホノルル大蛇山を支援し大蛇山を世界に発信する会」副会長の堤氏、顧問の宮崎氏、会長の河野氏、ホノルル・フェスティバル財団 常務理事の渡辺、日本事務局次長 大久保がおおむた大蛇山とホノルル大蛇山を語ります。おおむた大蛇山からホノルル大蛇山を生み出した、彼らの思いとは?

sub_bn スペシャル

ホノルルで日本のサブカルチャー(アニメや秋葉系)が大人気!

2009年(第15回)

日本の人気アニメの主人公であり、日本の親善大使としても活躍しているドラえもんが、ホノルル・フェスティバルにやってきました。3月14日(土)と15日(日)の2日間、ハワイ・コンベンションセンター会場のオープンと同時に、入り口付近でドラえもんが来場の皆さんを出迎えました。

stu_s1 スペシャル

若いパワーがあふれるホノルル・フェスティバル!

2009年(第15回)

第15回ホノルル・フェスティバルでは、高校生(修学旅行)や大学生(サークル)の参加も多くありました。彼らや彼女達は若いはじけるパワーでフェスティバルを盛り上げて頂きました。ハワイでのパフォーマンスは学生時代の最高の思いになったのではないでしょうか?

manzo04 スペシャル

第15回ホノルル・フェスティバル 【 特別インタビュー 】

2009年(第15回)

大田楽・天守物語で日本の伝統を伝える
狂言師・野村万蔵さん インタビュー

Each part is fitted into the other parts. スペシャル

ホノルル大蛇山がパレードで火を吹くまで・・

2009年(第15回)

2009年3月13日(金)朝のハワイ・コンベンションセンター。ホノルルの福岡県人会の方々を中心にボランティアの方10名ほどが集まって、ホノルル・フェスティバルのハイライトの一つであるホノルル大蛇山の頭の部分の組み立てが行われました。

keiko04 スペシャル

第15回ホノルル・フェスティバル 【 特別インタビュー 】

2009年(第15回)

大田楽・天守物語で日本の伝統を伝える
女優・松坂慶子さん インタビュー

daidengaku_bn スペシャル

大田楽・天守物語 幻の日本芸能がホノルルで上演

2009年(第15回)

『大田楽』は、和泉流狂言師 野村萬(のむら まん)さんの長男で、同じく狂言師で総合芸術家の野村万之丞(まんのじょう)さんが現代に復活させた芸能です。万之丞さんは、惜しくも2004年にご病気により若くして他界されましたが、野村萬さんが要となりながらその遺志を受け継ぎ、文化交流や地域活性のために、日本各地で市民参加の形で行い、その輪を広げています。

man03 スペシャル

第15回ホノルル・フェスティバル 【 特別インタビュー 】

2009年(第15回)

大田楽・天守物語で日本の伝統を伝える
狂言師・野村萬さん インタビュー

The dancers at the Grand Parade on March 15th. The result of all the practices was displayed magnificently. スペシャル

三重県鳥羽市の港町からホノルル・フェスティバルへ!

2009年(第15回)

ホノルル・フェスティバルのリピーター、フェスティバルに参加して6度目の鳥羽観光協会の皆さんは、2009年の第15回ホノルル・フェスティバルにも参加されました。今回は、その鳥羽市観光協会の専務理事を務める小見山健司さんにインタビューをさせて頂きました。

The Obama Girls danced with ease. The sun shined on stage and the ladies had big smiles on their faces. スペシャル

オバマを応援する会前野恭慶さんインタビュー

2009年(第15回)

2009年の第15回ホノルル・フェスティバルに初参加された「おばまガールズ&ボーイズ」の皆さん。最近ではオバマ大統領と同じ名前ということで、小浜市をPRする「オバマを応援する会」がアメリカのメディアでも多く取り上げられています。そんな「おばまガールズ&ボーイズ」の代表、前野恭慶さんにお話をお聞きしました。

pan_01 スペシャル

環太平洋地域からの参加グループ

2009年(第15回)

ホノルル・フェスティバルは今年で15周年という1つの節目の年を迎えました。日本からの参加グループが増え、更には環太平洋の国々からの参加も増えています。今年はオーストラリア、フィリピン、韓国、アラスカ、ハワイなど様々な国のグループが参加。それぞれの伝統文化のパフォーマンスを披露してくれました。