第26回 開催日は2020年 3月6日から8日です!

アーカイブ 2013年(第19回)

日にち : 3月1日(金), 3月2日(土), 3月3日(日)
サブテーマ : 世界を変える合言葉 ~交流・学び・そして感動~

主な参加団体
ホノルル大蛇山、ちびっこ大蛇山、北海道アイヌ文化の紹介、弘前ねぷた卍会、さいたま竜神まつり会、平井大、須賀連、和太鼓豆桜、園田学園高等学校、大阪学院大学 チアリーダー部、 越中おわら風の盆 若林美智子社中、ジャラン・アボリジニとトレス海峡諸島民ダンスカンパニー、SEULGIDOONG、台湾・国立台北芸術大学、ヘンプフィールド・エリア高校 コンサートバント&ジャズバンド 、ハワイ沖縄連合会、アヌヘア など

教育・交流プログラム

第10回マウイ御輿 デザインコンテスト

2013年(第19回)

第19回ホノルル・フェスティバルで開催された「第10回マウイ御輿デザインコンテスト」は、カメハメハスクールズ マウイ校が優勝しました。 カメハメハスクールズ マウイ校の日本語クラブの生徒達は、第19回ホノルル・フェスティバルのサブテーマである『世界を変える合言葉 ~交流・学び・そして感動~』から「過去と未来の結びつき」という点に着目して御輿をデザイン。 「私たちが生きる現代社会の相互の結びつき」と「世界中がつながっていくように過去とのつながりが重要」という2つのアイデアを基本としています。 [ マウイ御輿 デザインコンテスト 関連記事 ]

教育・交流プログラム

エデュケーショナル・スクール・ツアー

2013年(第19回)

“短い時間” の中で、見たり、聞いたり、体験しながら、様々な国の伝統文化を学べるというのが特徴で、毎年、参加の先生方や付き添いの親御さんからもその点で高い評価を得ています。

教育・交流プログラム

教育プログラム(エデュケーショナル・スクール・ツアー) 

2013年(第19回)

2013年3月1日(金)、エデュケーショナル・スクールツアーが開催されました。エデュケーショナル・スクールツアーは、これまでオアフ島の学校を対象としたプログラムでしたが、今年は一般にも開放されました。 今回は、オーストラリアの原住民の踊りを観賞したり、福岡県の大蛇山についての学習、そして和太鼓、韓国の楽器、よさこい踊り、おりがみ、いけばな、茶道などの体験と、例年以上に多岐にわたったプログラムが用意されました。

スペシャル

フレンドシップパーティー

2013年(第19回)

オアフ島の人気レストランの料理が楽しめるグルメイベントであると同時に、ホノルル・フェスティバルに参加している皆さんに気軽に声がかけられる交流の場でもあります。

クラフトフェア

展示・クラフトフェア、各種イベント

2013年(第19回)

様々な展示やメイド・イン・ハワイ製品の販売、クラフトフェア、縁日、コスプレカフェ、盆ダンス(盆踊り)、映画上映などの催しが開催されました。

パレード

グランドパレード

2013年(第19回)

最終日を飾るグランドパレードがワイキキのカラカウア通りにて行われました。夕方4時をまわる頃、カラカウア通りにはたくさんの人が集まり、賑わい始めました。

スペシャル

東日本大震災に関連した催し

2013年(第19回)

東日本大震災のことを改めて考えようと、東日本大震災に関連した催しが行われました。

ステージ

パフォーマンスステージ

2013年(第19回)

オーストラリア、台湾、韓国、そして日本など環太平洋の国からの参加がありました。学校単位での参加も多くなり、ますます若い人の参加が増えています。

Share Your Voice

Share Your Voice (シェア・ユア・ボイス)プロジェクト

2013年(第19回)

2010年から始まり今回で4回目となるカピオラニ コミュニティー カレッジとのコラボレーション プロジェクト 『Share Your Voiceプロジェクト』が、第19回ホノルル・フェスティバルにて実施されました。 今年は、カピオラニ コミュニティー カレッジの日本語クラスの皆さんに加えて、長崎県の国立長崎大学と青森県の理美容専門学校 木浪(きなみ)学園の生徒の皆さんが研修旅行の一環として参加し、3つの学校を合わせて、参加人数は、昨年の倍の70名近くとなりました。 [ 詳しいレポートを見る ] 

特集記事

ピックアップ